ペット保険加入を考えてワン!~いつでも一緒ペットライフ~

ドッグ

貴方らしい供養のしかたは

犬

ペットの火葬

家族同然に一緒に暮らしてきたペットが死んでしまうのは本当に辛い事です。本当に可愛がってきたペットなら最後まで面倒みたいのが飼い主の本心であると思います。ですからペット供養もきちんとしてやりたいのは当然の事です。では最近では火葬や埋葬などペット供養はどのように行われているのでしょうか。最初に火葬についてですが、現在ではペット霊園、ペット葬儀社などにお願いして火葬してもらうのが普通となっています。また町の葬儀場の多くでも火葬が可能になっており、格安でペットを火葬してくれる所も多く存在し場所選びに苦労することはない状況かと思われます。ペット供養してもらえる動物は幸せです。昔はペットを火葬せずに家の庭や畑などに埋葬することが普通で、けっしてペット供養と呼べるものではありませんでした。今では衛生面や住環境の問題もあり限られた状況の場合だけとなって来て入るようです。

ペットの埋葬

では火葬したペットの埋葬はどの様にされているのでしょうか。地域性にもよりますが、最近ではペット霊園の御墓または納骨堂に埋葬するのが主流ですが、その他に火葬後自宅に持ち帰り家で供養する方も多くいます。出来る事ならば火葬後も家に持ち帰り供養してやりたいものです。家で供養することを手元供養と言うらしいのですが、都会では多いというデータがあるそうです。理由としてはやはり近くにペット霊園が無いこと、いつまでも近くに居てあげたいのが一番の理由とされています。しかしその場合には遺骨を埋葬することが出来ませんので、室内に祭壇などを設けて写真を添えたり花お添えたりして供養する事になります。最近ではペットの自宅供養用メモリアルグッズも多く販売されていますので利用して見るのも良いかもしれません。